Apple WatchのSiriの使い方


Apple WatchのSiriの使い方は、iPhoneとほぼ変わりません。
デジタルクラウン(ホームボタン)を長押しすれば、Siriが起動します。
そして、Siriに声をかければOKです。

因みに、「ヘイ!Siri!」と呼びかければSiriが起動する機能は、初期設定でSiriをオンにしていれば、「ヘイ!Siri!」もオンになっています。

但し、AppleWatchからのSiriは次の機能が使えません。
Web検索、メモ作成、FaceTime、メール作成、新着メール確認、SNSへの投稿、連絡先に登録など。

人ごみでデジタルクラウンをうかつに長押ししてしまうと、突然、Siriが「ご用件はなんですか」と答えてくれる場合が有ります。これは、恥ずかしいですね!
こんな場合は、消音モードに切り替えることが出来ます。

Apple Watchの設定アプリをタップします。

画面を下にスクロールして

一般をタップします。

Siriをタップします。

「常にオン」から「消音モードで制御」にチェックを入れると、画面に質問や答えが出ますが、音声で答えなくなります。

なお、「Hey!Siri」の解除手順は、上記「消音モードで制御」の上に出てきた「Hey Siri」の右側の緑を左にしすればオフになります。